スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対岸の彼女 角田光代著

IMG_6878_1.jpg


最近 評判の一冊
図書館でも 予約がいっぱいついているそうだ
他人との距離のとり方が分からない 友達が上手くできない人が増えているというが そういう人が主人公の小説

主人公の一人 小夜子 30代 子供一人 公園でのお友達関係が上手くいかなく 子供もなじめない
そんな彼女が仕事を始めようと決心して 仕事につく
勤め先の女社長 葵は 同年でしかも大学も一緒
この二人を軸として現在と高校時代をフラッシュバックで書き進めている
葵も他人とのかかわり方の下手な人種 
中学 高校時代はひたすらいじめに合わないようにと注意して学園生活を送っている

近くの公園にも 小さな子供をつれてきている母親グループがあるが あの公園にも ママグループの派閥だとかいろいろあるらしい
初めて公園に行く日を公園デビューというらしいのだが それで失敗するともう仲間にも入れないとか
小夜子は 失敗をしたわけではないが なんとなくなじめなく 公園ジプシーを続けていて 子供にも自分にもよくないと 仕事につく決心をするのだ

この小説はそんなママたちの共感を呼ぶだろう
わたしは友達づきあいにそんなに神経質にもならなかったし 学生生活もいじめがあったようには感じなかった幸せな時代に送っている
あの頃もいじめはあったのだろうか
わたしが気がつかなかっただけなのか

仕事先での異質な人たちとの付き合い これはもう 仕事場だけと割り切って やってきた
友達探しにきたのではない 仕事に来ているのだと考えることで しのいだ
だからわたしには 彼女たちへの共感はうすい

それでも いま 私が彼女の世代なら そして彼女たちの学生時代と同じ頃学校に行っていたなら どうだったんだろうかとは思う
対岸にいるように見えているけれど届かない相手
そんな相手と 同じ岸にたって 一緒に歩いていこうと決心をするところで終わっている
働き始めて 小夜子も 子供も明らかに変わっていく
表層的にしか見えていなかった相手のことも 見えて理解できるようになっていく

最近は ストーリー色の強いのを読むことが多くて 屈折した主人公は少なかったが 彼女たちのような人が 増えてきている世の中なのだろう
スポンサーサイト

天蓋の花 宮尾登美子著

IMG_5879.jpg


四国の剣山を舞台にした小説
終戦間もない四国の田舎 生後まもない赤子が寺に捨てられていた 平 珠子という名前だけが書かれた書付とともに・・
乳児院に送られ 後に寺が養護施設を開きそこで育った珠子は 中学卒業と同時に望まれて 四国の霊峰剣山の剣神社の宮司の養女となって 剣山にいく 昭和30年代の剣山は 車の通る道もなく麓から歩いて登るほかなかった 1400mに位置する剣神社は周りに一軒の家もなく 電気も水道もなく 郵便も麓に局留め
養親の60代の老夫婦との3人暮らしだ 行ってまもなく老母はリュウマチの悪化でなくなる
花の好きな珠子は 山の自然の中で 淋しいとも思わずに過ごす
冬は厳しい寒さだが 夏は自然のお花畑 降るような星空
夏は 山頂に山小屋が開き 管理人もいるが 冬は 珠子一家と山頂の気象測候所の職員だけという全く世間から孤立した暮らしだ
山を大切に思う宮司は 山のことは お山さん 花は お花さんとよび 自然に生えたものは一草一木足りと動かしてはならぬという
そんな中 珠子は成長しキレイな娘となる
山小屋の息子から 剣山に咲くキレンゲショウマを教えてもらい すっかりその花のとりこになる

そんなある日 珠子は 遭難者を助け 世話をする
カメラマンの男 久能は キレンゲショウマを撮りに来て 道に迷い疲労で動けなくなったのだ
回復しても久能は東京に戻ろうとせず 神社においてくれるようにと大金を預ける
何か事情のあるらしい久能に珠子はひかれていく

天蓋の花とは キレンゲショウマのような珠子をあらわしている
世間というものを全く知らない1400mの地点に住む天女のような珠子
その珠子が恋をして一気に大人になっていく
普段のおとなしさとは全く別の激しさを出す恋をした珠子
そのあたりの描写は すごい

山の生活と自然描写も素晴らしく 多くの宮尾作品の高知の郭のどろどろとした世界とは 全く別物のすがすがしい小説だ
作者は 剣山には剣神社のあるところまで車で登っただけで頂上には行っていないし キレンゲショウマもみていないそうだが それにしたら山の描写もよくかけているように思った
 
キレンゲショウマは見たことがないが 調べてみたら 六甲高山植物園で見れるとのこと
ぜひ見てみたいと思う

これは 以前に舞台化された
TV中継をしていたが 珠子は 松 たか子がしていたと思う
イメージにぴったりだ

キレンゲショウマは写真の載っているHPとリンクしています 
clickしてみてくださいね
剣山の写真も載っています 
HPの管理人さん お借りします
ありがとうございました

プロフィール

TOSSY

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。