スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼が真っ赤に・・・

朝 起きたら 右目が真っ赤
本当に白いところが真っ赤になっています
びっくりしました

昨日 有馬へ紅葉狩りに行って来たのです
温泉には入っていないので 雑菌が入ったなんていうことも無いのです

真っ赤に色づいたモミジを見て 機嫌よく帰ってきたのですが なんだか眼がゴロゴロと言うかくしゃくしゃと言うかへんだなぁ
すこし充血しているぞ メバチコ(物貰い)が出来るのかなぁ

その程度だったのです

朝鏡を見てびっくりしました
すぐに眼科に行きました

白目の部分の毛細血管が切れたのだそうです
これはつける薬も無く かってに直るのを待つだけだそうです
大体10日間ぐらいかかるでしょう 心配するようなものではありません とのことでした

疲れ眼ですか と聞いたのですが疲れたらなるというものでもなさそうです

しばらくはサングラス生活です

デジカメ散歩日記 更新しました
見てくださいね 綺麗でしたよ
お見舞いぷっちんも入れておいてください
お願いします

モミジの有馬 瑞宝寺公園

有馬瑞宝寺公園


スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

写真展に行ってきました

昨日 19日に大阪の阿波座まで 友達の写真展に行ってきました
彼女は オリンパスユーザー で オリンパスの写真教室に入っているのです

知り合いに もう一人オリンパスユーザーがいて その人はすごく前からの会員で何度も写真展に行っています

以前は心斎橋のギャラリーなどでしていましたが 今年は オリンパス本社のギャラリー
四つ橋線本町駅の近くでした

昨年もここだったなぁ
後で箕面の勝尾寺に行ったのだったわ

写真展2009

私はこういう写真グループには加入していない
好き勝手に写しているから 全然うまくならない

好きなものを好きなように写す
これで通している

何時も一緒に撮影に行ってくれていた友人で師匠役もしてくれていたMO君も 向上心が無いとあきれ果てて 撮影済みの写真を見てもくれなくなってひさしい

以前の写真を見て 前のほうがうまかったのだは と思うこともしばしば・・

じっくりと構図や露出を考えて写すというのが しんどくなってきている

歩きながら写真を写しています

写真展の後 イタリアンでランチをしました

それからすぐ近くの靭公園に行きました

公園のバラはもう終焉を迎えて 切り落とされている最中でした

秋ももう終わりですね

靭公園

靭公園のケヤキ並木 好きな場所です

デジカメ散歩日記にも 書いています

ランチ写真など見てね こちら

寒くなりました

昨日から急に寒くなりました
昨日は 1月波の寒さだったとか・・
やめてほしいわ

もうガスストーブ大きいのを出しました
エアコンも使っています

新型インフルエンザもはやっているし 出かけるのが億劫です

明日 正確には今日 19日 ガス管の付け替え工事で朝から夕方までガスが使えません
仕方が無いから出かけます

デジカメ散歩日記更新しました

「滝見小路は 昭和の横丁」 

スカイビルの近いの昭和レトロの飲食店街です
いろいろなノスタルジックなものがありました

滝見小路レトロ

ミゼットもありましたよ

ミゼットミゼット ゆうたった  これ分かる人 古いねぇ

更新しました 

Blog「デジカメ散歩日記」を更新しました

まず 
11月8日 「昭和の木造校舎 船坂小学校 」

船坂小学校

11月10日 「静かな静かな里の秋 船坂

船坂 カキのある家

11月13日 「ステキなキャンパス 関西学院

関学


11月16日 「地上173mの空中散歩 梅田スカイビル空中庭園

スカイビル

夫々タイトルにリンクをつけてありますので 見てね

同じ窓で開きますので 戻るときは プラウザの戻るで戻ってくださいね

テーマ : 私のブログ
ジャンル : 日記

森繁久弥さんがなくなられました

10日朝 森繁久弥さんが 亡くなられました
映画 TV 舞台 そして歌 いろいろなジャンルで大活躍をされた昭和を代表する俳優でした

御年96歳 いわば大往生です

森繁さんは 私の高校の大先輩 
お会いしたことは無いけれども 学校にも何度もこられ同窓会の総会にもゲストで主席しておられました

学校の同窓会会館の地下の美術展示室に 森繁さんの書が展示してあったのを写していました
ご自分の言葉で書かれた詩で とってもいいのです

「海の若者に捧ぐ」 1991年の書です
クリックでもう少し大きくなります

森繁さん書

読みやすく書き直しました
私たちの学校は街中にあり海辺ではないのですが・・
詩は 前に作っておられたものかもしれませんね

森繁さん書2

2001年6月にも学校に来られて 在校生達と交流されているのです
そのすこし後の7月に私たちの期が学校で同窓会をしたのですが 駅から乗ったタクシーの運転手さんが 「この間 モリシゲがきていたよ」って言っていました


森繁さんは子供の頃 甲子園球場の近くに住んでおられたのです
正確に言うと 甲子園球場建設中の頃です

小さい頃から海が好きで 母が読んでくれたロビンソンクルーソーを気取って嫌がる子犬を無理やり小さな手作りの船で漕ぎ出したものの二,三分も行かないうちにバラバラに壊れ命からがら岸に泳ぎ着いた 六稜会報より引用



その海は甲子園浜です

近くには 作家の佐藤愛子さんもおられ 愛子さんのお兄さんと遊び友達だったそうで 小説「血脈」に旧姓の菅沼と言う名前で出てきます

森繁さんは ヨット乗りでした 加山雄三さんよりももっと前のことです
そのヨット「メイキッス号」はたしか西宮ヨットハーバーが母港だったと聞いています
そのあと  巨大なクルーザーを建造するのですが 沼津から西宮への航海中に嵐で大破するのです

この書を見ていて思いだしました
同期に酒造会社の社長がいるのですが その会社が同窓会用にプライベートブランドの酒を造ったのですが そのラベルも森繁さんの筆でした
新酒利き酒会をしたときの写真です

六稜利き酒会

学校を愛して 学校や同窓会からの求めにはいろいろと応じておられる方でした

私が心に残っていることは 直接聞いたのではなく 同窓会誌で読んだのですが いつ頃か 自殺がはやったことがあった頃 学校が生徒達に何か自殺を思いとどまるような話をしてもらえないかと依頼したのです で 東京からやって来られて生徒達に話されたのです

「キミがいま15歳だとしよう。15歳。人間が15歳まで生きていくまでに、大体どれだけの人間が動員されたと思ってるか、キミたちは?」…講堂で大演説をブチましたよ。そしたらいろんなコト言うんです。
「5,000人です」
「200人かな」
「500人でしょ」とか…。

 ナント、簡単に言っても20万人くらいは動員されてる。そりゃそうでしょ。子供が生まれるまで…いろんなもの食べさせて貰って、その栄養のつくものは一体誰が取って来たと思うンだ。そういうように、関係がありますよね…漁師でも農家でも何でも。それを食べて、それを運んできた…それを炊いたお母さんもいる。アンタたちが着た産着なんかでも、実はインドあたりからいい木綿を送ってきて、インド人も動員されているだろうし…ともかく20万人くらいは、あなたが15歳を迎えるにあたって動員された人間の数だ。そのお世話になった人々に対してあなた方は生きていく責任がある それが世の中のルールです そう言ったんです。六稜会報より引用



この話には後日談があり その夜東京に帰ったあと 生徒が訪ねてきたのだそうです
自殺を考えていたけれど 話を聞いて思いとどまったといったそうなのです

これを読んだのは もう随分と前(1990年)ですが 心に残っています
分かりやすいいいお話しをされるかただなぁとおもいました
これを書くに当たって会報のバックナンバーを探しました

森繁さんの映画は 何本みたかな と言う程度なのですが 記憶に残っているのは
「暖簾」と言う映画
淡路島から出てきて大阪で昆布屋で成功する男を主人公にした山崎豊子さんの自伝的同名小説の映画化でした
森繁さん扮する昆布屋主人の息子の中学生が制服姿で校歌を歌うシーンがあるのですが この中学生を森繁さんは旧制北野中学生にして 校歌 六稜の~~を歌わせているのです

ご自身は 中学時代に落第をされているのですが とっても学校には愛着を感じておられるようでした

もう一本は 創立100周年記念に市民向けのイベントで 映画とバイオリン演奏と言うのがありました
母と二人で行きました
バイオリンは 辻久子さん 
自宅を売って購入したと当時話題になったストラディバリウスでの演奏でした
映画は やはり当時大変話題になり流行語にもなった「恍惚の人」
まだ 老人問題などずっとずっと先のことで 全く考えてみたことも無かった私には大衝撃の映画でした

舞台は見ていないのだけれど 森繁劇団の旗揚げ公演「佐渡島多吉の生涯」は TV中継で見たことがあります
大阪を舞台にした織田作之助の作品で 四ツ橋のプラネタリウムが大好きで 星空を見ながら死んでいくというのが最終場面だったように覚えているがいい作品でした

なんだかとりとめの無いことを書き連ねました

同窓会の公式HPでは追悼ページをすばやくつくっています こちら 

森繁さんのご冥福をお祈りいたします

加藤登紀子さんの歌で「知床慕情」です




お寺に未来人 船坂ビエンナーレ2009パート2

デジカメ散歩日記に 「船坂ビエンナーレ2009パート2」 アップしました
前回は棚田の中のアートをめぐるコースでしたが 今回は湯山古道コースです
茅葺の古民家やお寺が作品展示会場になっています

木造の赤い屋根の昭和に建てられた小さな小学校もコース途中にありました

里山の風景を楽しみながら モダンアートを見てきました

詳しくは デジカメ散歩日記を見てくださいね

「お寺に未来人 船坂ビエンナーレ2009パート2」 ← クリックで開きます

船坂ビエンナーレ 作品13

テーマ : イベント
ジャンル : 地域情報

西宮船坂ビエンナーレ2009 アップしました

HPのダウンで滞っていたBLOG「デジカメ散歩日記」の更新が出きました

ダウン中は デジカメ散歩に お知らせを書いて肝心のお散歩情報は アップできませんでした

やっとHPも正常に表示されるようになり たまっていた更新 開始です

先ず いま地元西宮市で開催中の「西宮船坂ビエンナーレ2009 ~プロローグ~」のごあんないをアップしました
先週初日に行ってきたのですが あいにくの曇り空で肌寒かったです

六甲山のトンネルを抜けて山向こう 北側に入ると ここも西宮市という風景になります
阪神間の早くから開発の進んだ区域とは違う山村風景が広がっています

山村にモダンアート さぁ どうなるでしょう

詳しくは デジカメ散歩日記をどうぞ

「山村にアート 西宮船坂ビエンナーレ2009」  ←クリックして 見てくださいね

こんな風景でしたよ
黄色い大きなメガホン これ アートです

船坂ビエンナーレ2009

昨日から寒くなってきました
お風邪に気をつけてくださいね

テーマ : おすすめ情報
ジャンル : 日記

HP 復活しました

2日間 消えてたFC2で作ったHP「TOSSYの部屋」が 無事復旧しました
消えたときと おんなじ状態とはいえないのです
バックアップからの復活ですので 3ヶ月前の状態でした

その3ヶ月の間に ODNサービスが終了したので ODN版のミラーサイトとして作っていたFC2版を 本サイトに作り直したのですが また もう一度その作業をしました

プロフィールのページは なくなっていました
また 作らないと・・・

このことで バックアップがいかに重要化がよく分かりました
ホームページビルダーや メモ帳で作成していたので ローカルのPCには 文書 写真は残っていますが 完全消滅だと もう作る今期がなくなってしまうわ

幸い私は このFC2版の前に ほぼ同じ形式で Fc2webで作っていたのが残っていましたので それを最新に更新して代わりをさせていました
FC2の以前のホームページサービスだったのです
そこでミラー版を作ったのですが 新サービスが広告表示が無いので移って もうつかっていなくて そのままにほったらかしていました
何が役に立つやらわかりませんね

HP消失騒動に振り回された2日間でした

本当にお疲れさまでした

ハロウインの記事を書こうと思っていたのに すぎてしまいました

ハロウインの土曜日 我が町では 子供達が仮装をして商店街を走り回って お菓子をもらうのです
今年は 関学の学祭に行ったので みることは出来ませんでした

関学の学祭は初めて行きました
最近の大学生は 子供っぽい子が多いですね

ヴォーリズ設計の関西学院のキャンパスは すばらしいですよ

関学




プロフィール

TOSSY

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。